外貨投資

10ドル札

外貨投資には、バイナリーオプション以外の方法もあります。
日本の金融機関では、利率が低く、貯蓄が勝手に増えるということはありません。
しかし、外貨を利用するだけで、貯蓄を増やせる可能性があります。
・外貨預金
外貨預金は、文字通り外貨を海外の銀行に預金することをいいます。
海外の金融機関は、利率が高く、日本で同じ金額を預金するよりも利益を得ることができます。
外貨には、USドル、オーストラリアドル、ユーロなど多くの外貨を利用することができます。
外貨預金は、手数料の他に為替リスクの影響を受けます。手数料は、預入時、引き出し時の両方で発生することが一般的です。
・海外債券
海外債券とは、海外の企業や国などの期間にお金を貸すことで利益を得ることができる仕組みです。
日本では、国債がありますが、国債よりも利率が高い商品や、国内のリスクを回避するために海外債券を利用することができます。
国によって格付けが異なりますが、リスクとリターンは比例するので、目的に合わせて利用することができます。
・FX
FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。
外貨の為替変動の差額によって利益を得るしくみのことをいいます。
証拠金取引と言われるように、レバレッジという方法によって多額の取引を可能にすることができます。
レバレッジとは、日本語で「てこ」のことをいいます。てこを利用する様に、少額のお金を担保にすることで多額の資金を動かすことができるしくみです。
このレバレッジによって、FXでは多額の資金を獲得できる可能性があります。ただし、何倍もの損失を出す可能性のある取引であることに注意する必要があります。
FXの一つの方法がバイナリーオプションです。
FXでは、リスクが高いことから、バイナリーオプションを利用する人もいます。
・為替リスク
為替リスクとは、外貨を利用することで生じる為替変動の影響です。
為替は日々変動しており、円高・円安にいつも気を配る必要があります。
為替リスクによって、多額の損失を出すこともあるので注意が必要です。
最近では、アベノミクスの影響で円安になったこともあり、外貨を持っていた人の中には得をした人もいます。
為替リスクは、プラスにもマイナスにも働く可能性があります。

特徴

1ドルの巣

バイナリーオプションには、短時間で結果がわかること以外にもメリットがあります。
・リスク管理
注文する前に、取引成功時の得られる利益と失敗時の損失を確認することができます。
本来のFX取引では、予想できない値動きによって大きな損失が起こることがあります。
しかし、注文時に確認することで、リスクをあらかじめ管理することが可能となります。
そのため、初心者が取り組み易い取引になるのです。
・微差利益
バイナリーオプションでは、値動きの差額が利益に直接影響するわけではありません。
そのため、微差の値動きでも、予想をすることで利益を得ることが可能です。つまり、値動きの変動幅が小さい市場でも取引をすることができます。
FXでは、値幅の動きが利益に直結するため、値幅の動きが小さい市場を利用することができません。
そのため、FXと併用して利用することができます。
この取引を行うことで、安定した取引が可能になります。
ただし、利益が変動幅によって変化することもありますので、注文前に確認することが必要です。
・中途清算
バイナリーオプションは決められた時間の間に予想が当たるか、外れるかによって利益を得る方法です。
この決められた期間内であれば、中途清算を利用することが可能です。
中途清算することによって、損失を回避することができます。
取引を提供している会社によっては、中途清算を認めていないところもあるため、注意必要になります。
・黒字
これは、短期間で利益を得ることが可能です。
リスク管理して、安定して稼ぐことができれば、単月収支で黒字を出すことが可能です。
・デメリット
初心者でも始めやすいメリットがありました。
しかし、他の取引と同様に、デメリットが存在します。具体的には、損失に関わるものです。
バイナリーオプションでも、他の取引と同様に手数料が発生します。この手数料ぶんを回収するには勝率を5割以上にする必要があります。
手数料は業者によって変わることが一般的ですが、20%の手数料が発生する場合は、勝率55%でなければ利益を出すことができません。
また、バイナリーオプションでは、予想が外れた場合は、投入資金がすべてなくなってしまいます。
裏を返せば、元金以上の損失を出すことはないともいえます。この性質をうまく利用することが、バイナリーオプションとFXを併用する際のコツです。
バイナリーオプションは、FXを始める前に相場の分析をする練習にも利用することができます。50円ほどから取引を始めることが可能なので、最初の外貨取引として試してみることもできます。
ただし、値上がり・値下がりを予想することができるだけですが、利益を得られることを保証しているものではありません。利益を得る人がいれば、損失を被る人がいることで、取引が成り立っています。